製品情報
工場設備のご案内

古紙からトイレットペーパーができるまで:上山製紙の古紙再生システム

上山製紙ではご家庭やオフィス事業所等で発生した古紙を再生して、トイレットペーパーを製造しています。
捨ててしまえばただのゴミになってしまう古紙も、大事な資源。
生まれ変わって皆様のご家庭に、オフィスに、まっさらなトイレットペーパーになって帰ってきます。

① 原料となる回収した古紙


原料となる古紙。各家庭やオフィス、事業所などから集められます。

② 専用の溶解液と一緒に叩解


古紙を叩解するため、専用の溶解液とともに投入します。

③ 叩解された紙料と溶解液


原料となる古溶解液とともに叩解された古紙が、溶解液とともにどんどん流れ出てきます。

④ 紙にならない素材を除去


ホチキスの針や、ポリエチレンやラミネートなどの紙にならない異物を取り除きます。

⑤ さらに細かい不純物を除去


不純物の分離や脱水を行う大きな機械。

⑥ 紙料を洗浄する機械


さらに、細かい砂や石などを紙料から分離、脱水します。

⑦ 出来上がった大きなロール


製造ラインを経て、機械から出来上がった紙が出てきました。大きなロールに巻き上げられます。この時点では、紙の幅も広いままです。

⑧ ダブルは二つのロールから


ダブル(2枚重ね)のトイレットペーパーは、大きな2つのロールから2枚を重ねて巻き直されます。シングルも、製品と同じ太さに巻き取ります。

⑨ 裁断されたロール


細く巻き直されたロールを裁断機で製品の幅に切ります。機械からは見慣れた大きさのトイレットペーパーが次々と流れ出してきます。
機械のそばにおかれているのは裁断する前のロール。人の身長よりも長い状態です。

⑩ パッケージングの工程


品質を確認したら包装します。皆さんの近くのスーパーやお店でよく見かける姿になってきました。

⑪ 梱包して出荷されます


最後に段ボールにつめられて完成。これがどんどん、問屋さん、販売店さんを経て皆さんの家庭に届きます。

▲ PAGE TOP